アーユルヴェーダ

アーユルヴェーダについて

アーユルヴェーダは紀元5000年前より古代インドに伝わる「伝承医学」です。 その語源はアーユス「生命、長寿」、ヴェーダ「知恵、科学」の意味で、つまりはアーユルヴェーダは、昔から受け継がれてきた「生命の知恵」という意味を持つサンスクリット語です。西洋医学が対処療法であるのに対して、東洋医学は本人の体内にある治癒力を信じ、それを活性化させるものです。 アーユルヴェーダは生命の本来持っている自然治癒力を高め、自分自身が体や心の健康状態を知り、健康で快適な生活を送るための知恵を授けてくれます。

現在では、世界保健機構(WHO)でもアーユルヴェーダは認められ、欧米でも <医療・リラクゼーション・美容> として滞在型の施設も増えてきています。 WITHまつおかは心と体を一人ひとりに合った処方でケアすることで、本当の健康と美しさを手に入れるお手伝いをいたします。

チャクラとドーシャについて

ヒトの体にはチャクラと呼ばれる【エネルギーの集まる場所】があります。 7つのチャクラの色が薄くなったり、濁ったりして、バランスが崩れた時に体調が悪くなったり、病状がでます。

アーユルヴェーダではそのチャクラからネガティブなエネルギーを解き放ち、よいエネルギーを吸収することで、その人のもつ自然治癒力を高めます。

またアーユルヴェーダでは自然界全てのものが5つの元素に分けられます。

地—–水—–火 風——空

我々の【体や心の動きの基礎になるエネルギー】ドーシャと呼び、このドーシャがアンバランスになると不快な状態になります。 このドーシャには基本の三つのタイプがあります。
チャクラ・ドーシャ
バランスが良くないとお米はうまく炊けません。
ちょうどよい風が吹き、ちょうどよい火が燃え、ちょうど良い水と米で美味しいご飯が出来ます。

アーユルヴェーダ施術内容

シロダーラ

シロダーラは人の体の中にあるチャクラと呼ばれるエネルギーの集中する一番敏感な部分の額に温かいオイルを滴下しつづけていく究極の癒しです。
ココナッツオイル(グリーン色)とハーブの香りに包まれて目を閉じていると、引き込まれたように深い安定に入っていきます。安定時はまるでおかあさんのお腹の中にいるような居心地のよい気分になります。
そして、変性意識状態から目覚めるとストレスや疲れがすっきり取れていきパッと視野が広がっていく感じ。最後に首肩のマッサージで気分は爽快になります。施術後より翌日の方がすっきり感が増します。

WITHまつおかは丁寧なカウンセリングと体質や症状を診るドーシャチェックを行い、その人に合ったオイルをブレンドして使います。
シロダーラ

ピンダスウェダナ

肩こりや腰痛、頚椎の痛み、冷え性などに悩む方におすすめの施術がピンダスウェダナ。あたためた薬草の玉を押し当てることで、ピンダスウェダナ中は発汗し筋肉が柔らかくなっていき、施術後は体の軽さや痛みがとれたのを実感することができます。
ひどい肩こりや腰の痛みなど、即効性がバツグンなので、どなたにでもおすすめできるアーユルヴェーダの手法です。

WITHまつおかのピンダスウェダナはスリランカでアーユルヴェーダドクターより直接指導を受けた施術方法です。サヴァスリランカアーユルヴェーダ協会認定サロンでも最高の技術者です。

ピンダスウェダナ

ボディーアビヤンガ

ダイエット、若返り、本来の心身のバランスをとる魅惑のマッサージといわれるボディーアビヤンガ。
アビヤンガはサンスクリット語で「なめらかに繰り返す」「体にオイルを塗る」の意味があります。発汗作用のある特別なオイルで体中をマッサージ。温かなハンドマッサージが引き締めたい部分や痩せたい部分を優しく揉みほぐします。終了後も体の芯からポカポカ。また終了後トイレの回数が多くなるのは老廃物を排泄しようとするのは自然治癒力の働きなのです。このアビヤンガで使用する特別なオイルは、数種類の薬草とオイルをブレンドし、数日間かけて煮込み、搾ったものを使用しています。
このオイルが体内に入り、血液やリンパの流れをよくし、体内の毒素排出を促してくれます。新陳代謝もあがって気分はスッキリ。深い安定感が体中に心地よく広がります。

ボディーアビヤンガ